ユーティリティーシート

包む用途に最適! 現場で作れる万能小粒シート

 

«ユーティリティーシートの特徴»

必要な分だけ製造する事で在庫スペースの節約に。

ミシン目入りなのでカットの手間が省けます。

廃棄時、簡単に手で裂くことで空気を抜くことができます。

薄手シートなので小箱の緩衝材に最適。

特注サイズやオリジナル印刷も承ります。

   ※対応の緩衝材製造機が別途必要です。

 

💡手でカットできるミシン目入り。

 

 

 

 

 

 

 

💡クッションは容易に裂く事ができます。

💡空気を抜けばとてもコンパクトになります

 

 

 

 

💡同じ容量の気泡緩衝材と比較すると

ユーティリティーシートは空気を抜く事によって

廃棄が容易になります。

(左:ユーティリティーシート、右:気泡緩衝材)

 

 

<ユーティリティーシート フィルム規格表>

フィルムタイプ 材質

厚み

フィルム幅

(mm)

ミシン目ピッチ

(mm)

巻き

(m)

有効寸法

幅×ミシン目ピッチ(mm)

枚数

(枚)

出荷単位

(巻)

US-400 HDPE 13μ 400 225 450 約360×180 約2,000 2
US-600 HDPE 13μ 600 225 450 約550×180 約2,000  2

 

 

無料サンプルのご依頼はこちらから

詳しくはカタログをご覧ください。